万が一の交通事故に備える損害賠償保険の話 1

私達の日常生活において、毎日といっていい程どこかで交通事故が起きています。新聞やニュースで容易に知ることができます。車に限定したことを書きます。自動車免許を持っている者しか運転してはいけません。規則は守らなければいけません。交通事故は起こしてはいけません。それが当たり前のことです。自動車で事故を起こせば、損害の賠償をしなければなりません。私は交通事故に遭ったことがあります。信号待ちをしているときに後部から追突されました。私の車が停止しており、また、相手の車のスピードもそんなに速くなかったため、首の捻挫だけで済みました。それでも、衝突した車の後部は破損してへこみました。首の捻挫だけとはいえ、それだけでも人身事故として扱われます。私の身体に対して、さらに、私の車に対しての損害賠償責任を相手方は負います。人間は完璧な生き物ではありません。